スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


遺棄容疑で出頭男を逮捕 スーツケース女性切断遺体 殺害も認める 石川県警(産経新聞)

 金沢市二俣町の山中で、スーツケースの中から頭部が切断された女性の遺体が見つかった事件で、石川県警金沢中署捜査本部は2日、死体遺棄の疑いで、金沢市安江町、自称無職、飯沼精一容疑者(60)を逮捕した。

 捜査本部によると、飯沼容疑者は「頭部はスーツケースと一緒に同じ場所に捨てた」と供述、殺害についても「自分があやめた」と認めているといい、2日午前、石川、富山県境近くの山中で捜索を始めた。今後殺人容疑でも調べる。

 捜査本部によると、飯沼容疑者は女性について「30代の外国人で、雑誌の女性紹介広告を通じて知り合った」と供述、身元特定を急ぐとともに、詳しい経緯や動機を調べている。

 逮捕容疑は昨年10月上旬、女性の遺体をスーツケースに入れ金沢市二俣町の山中に捨てたとしている。

 捜査本部によると、飯沼容疑者は1日午後8時すぎ、弁護士に付き添われて同署に出頭。「大きく報道されて、毎日眠れなかった」と話しているという。

 飯沼容疑者が住んでいたとみられる金沢市安江町のマンションは、JR金沢駅から1キロと離れていない住宅街にある。マンション住民の男性は「近所付き合いはなく、お互い誰が住んでいるか分からない」と言葉を濁した。近くに住む女性は「静かな町なので、まさかという思いです」と不安そうに話した。スーツケースは3月26日、金沢市と富山県南礪市を結ぶ県道脇のがけ下で建設作業員が発見、29日に中から首を切断され、頭部がない女性の遺体が見つかった。

「真実語る契機見逃す」=再発防止へ全国に「本部係」−足利事件検証結果・最高検(時事通信)
飛行船クルーズ、五輪会場を活用=「首都発」実現、料金半額に(時事通信)
山口公明党代表「かみあわない首相答弁、残念だ」(産経新聞)
ハンマーで上司殴る 「ユニデン」社員を逮捕 警視庁(産経新聞)
<鶴岡八幡宮>大銀杏に新芽…残った根の部分から(毎日新聞)

<官房長官>沖縄の3訓練区域 米政府に返還求める考え(毎日新聞)

 平野博文官房長官は29日の記者会見で、沖縄県内の米軍訓練区域のうち久米島、鳥島の射爆撃場(いずれも久米島町)と沖縄本島の東側に設定されているホテル・ホテル訓練区域の一部について、米政府に返還を求める考えを明らかにした。平野氏は会見で「沖縄県民から要望が出ており、日本政府として求めていかなければならない」と述べた。

 三つの訓練区域はいずれも好漁場で、水産業への配慮から早急な返還を求める沖縄県側に対し、日本政府は「日米安全保障条約の目的達成のために必要」との立場をとってきた。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の全面的な県外移転が困難視される中、政府として基地負担の軽減に取り組む姿勢を示し、沖縄側の反発を和らげる狙いもあるとみられる。【横田愛】

【関連ニュース】
中国毒ギョーザ:中国政府の対応評価 平野官房長官
平野官房長官:中井国家公安委員長を口頭で厳重注意
郵政改革:亀井氏独走やまず 民主、官業肥大に批判
平野官房長官:機密費使途公開「国益にプラスなのか」
普天間移設:官房長官と国民新の下地氏が会談

もんじゅ「安全規制を着実に」 21年版原子力安全白書(産経新聞)
<医療事故>手術器具、腹部に2週間置き忘れ 京都の病院(毎日新聞)
菅副総理、3日に中国首相と会談 人民元切り上げ、ギョーザ中毒など意見交換(産経新聞)
首相動静(3月25日)(時事通信)
<日米密約>検証委と異なる「私見」春名委員(毎日新聞)

不況で共働き増、多数の待機児童出る見通し(読売新聞)

 首都圏の認可保育所への4月からの入所申込者数が、待機児童が急増した2009年度をさらに上回り、4000人以上増えていることが読売新聞の調査でわかった。

 不況で共働きが増えたためと見られ、各自治体は定員枠を増やして対応しているが、各地で多数の待機児童が出る見通しだ。

 東京23区とさいたま、千葉、横浜、川崎の各政令市に3月下旬、アンケートを行った。国の基準を満たす認可保育所の新年度の入所申込者数は計約7万8200人(一部は途中集計の人数)で、09年度より約4400人増加。調査した27区市のうち26区市で、申込者数が前年同期を上回った。

 特に待機児童が集中する東京23区では、申込者数約4万1000人(09年度比約2600人増)に対し、認可保育所の新年度の募集人員が約2万7000人にとどまっている。申込者の増加率は東京都千代田区が24%と最も高く、同区としては9年ぶりに30人前後の待機児童が出る見通しだ。

 認可保育所に入れず順番待ちをする待機児童は不況などで大都市を中心に急増し、09年4月時点で全国で約2万5000人に上った。調査した27区市では同時点で約7100人の待機児童が出たため、認可保育所の定員を09年度より約6200人増やし、都認証保育所など認可外のサービスも拡充したが、申込者増加に追いつかない状況だ。

 子育ての問題に詳しい大日向雅美・恵泉女学園大教授の話「子ども手当の支給だけでなく、保育所の整備が緊急課題だ。女性の労働力は経済成長にも欠かせず、希望者すべてに入所を保証する仕組みを作ってほしい」

 ◆認可保育所=国が定める施設面積や職員配置などの基準を満たし、都道府県が認可した保育所。全国に約2万3000か所(09年4月現在)あり、利用児童数は約204万人(同)。認可保育所に入れず、認可外保育所や、自宅で子どもを預かる「保育ママ」も利用できない待機児童は、08年に増加に転じた。

普賢岳被災のカメラか、撮影ポイントで発見(読売新聞)
財政健全化法案「有力な考え」=与野党で議論必要−仙谷国家戦略相(時事通信)
京都府知事選告示、新人・現職の2氏が届け出(読売新聞)
<薬害C型肝炎>「医薬品基本法」制定を 有識者会議(毎日新聞)
普天間問題 日米実務者協議開始で合意(産経新聞)

【法廷から】親らしい姿、最後までなく 2歳長男虐待死(産経新聞)

 ■「夫の暴力怖くて…」責任なすり合い

 「バカの餌が終わった」「バカがうるさくて口をふさいだ」。菅野理香被告が夫に送ったメールだ。「バカ」とは長男のこと。検察側は法廷で菅野被告と夫が長男にした「仕打ち」をつまびらかにした。

 長男の知能を確認するため、たばこの吸い殻を食べるかどうか試した。虐待の影響で2歳半の長男は身長約84センチ、体重約10キロと1歳半ほどの体格しかなかった。長男はゴミ箱に両膝を曲げ、太ももが腹に押しつけられた状態で詰め込まれた。ゴミ箱は気温約4度のベランダに1時間以上も放置された。寒空なのに、長袖Tシャツと長袖シャツ、紙おむつだけの姿だった。

 検察側は夫と菅野被告の公判でそれぞれ、責任の重さを追及したが、2人の言い分は平行線。自分勝手な責任のなすり合いは醜く、長男への愛情や死なせてしまったことへの真摯(しんし)な反省など、みじんも感じられなかった。

 夫は捜査段階の調書で、「妻が大好きで、子供より妻のことを考えていた」と述べ、菅野被告の意向を酌んで虐待に走ったと釈明した。一方、菅野被告は「夫の暴力が怖くて虐待を止められなかった」「長男に愛情があるのは自分だけ」と声高に語った。しかし、逮捕までの半年間、墓参りにさえ行っていなかった。

 最終意見陳述でも菅野被告は「長男とずっと一緒にいたかった」「どうして長男が死ななければいけなかったのか」と述べたが、むなしく響くばかりだった。

 子供を持ちたいと願っても、授からない親も大勢いる。2人は刑事被告人としては裁きの場に立った。しかし、「子供を死なせた」という起訴内容を認めながら、最後まで親としての姿を見せることはなかった。亡くなった長男を思うと、やりきれない。(福田涼太郎)

【関連記事】
2歳長男虐待死の母親に懲役10年求刑 「親としての心を失い、わが子をゴミ扱いした」
2歳長男虐待死で被告の母親「私なりにかわいがってきた、結果だけ見ないで」
夫婦で主張食い違う 2歳長男虐待死、母親公判
2歳長男虐待死公判、なぜ長男だけ標的…夫婦仲悪い時の子に愛情注げず
2歳長男虐待死、妻の初公判 生々しい検察と弁護側の応酬

日米同盟基軸「揺るぎなく継続」=防大卒業式で訓示−鳩山首相(時事通信)
不明の女子高生か、雲仙で遺体発見(読売新聞)
遼取材のカート暴走事故、カメラマン書類送検へ(読売新聞)
男性が路上で刺され死亡=トラブルか、男が逃走−東京・福生(時事通信)
築地市場移転費を削除 民主、予算修正案まとめる(産経新聞)

山手線で架線トラブル=運転見合わせ−JR東(時事通信)

 JR東日本によると、23日午後7時20分ごろ、山手線内回りの目白駅付近で架線に障害物が見つかった。障害物はアンテナとみられ、撤去作業のため、山手線、埼京線、湘南新宿ラインで運転を見合わせている。
 架線は切断されてはいないという。 

伊丹廃港決議案提出へ 大阪府議会 自民・公明両会派が合意(産経新聞)
機密費の全面公開、官房長官は消極姿勢(産経新聞)
<もんじゅ>運転再開4月にずれ込む 5度目の延期(毎日新聞)
愛子さま登校、皇太子ご夫妻「心を痛めています」(読売新聞)
歴史共同研究委 共通認識ほど遠く 当初から悪玉史観 議論は不毛だった(産経新聞)

「キング」に懲役20年=振り込め詐欺リーダー−東京地裁(時事通信)

 振り込め詐欺グループで「キング」と呼ばれたリーダー役で、組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)罪などに問われた無職戸田雅樹被告(31)の判決が24日、東京地裁であり、菱田泰信裁判長は懲役20年(求刑懲役23年)を言い渡した。
 戸田被告は起訴内容を認めていた。
 起訴状によると、戸田被告は部下と共謀し、2006年5月〜07年8月、電話で被害者の家族らの名をかたり、38人から計約1億4000万円をだまし取ったほか、同年9月、東京都内の自宅マンションで覚せい剤約102グラムなどを所持、一部を使用したとされる。 

【関連ニュース】
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕違法薬物〜密輸、栽培の実態〜
覚せい剤使用容疑で大阪市職員逮捕=「1年前ぐらいからやった」
関税法改正案が衆院通過

電子書籍で懇談会=データ形式視野に協議−政府(時事通信)
被虐待児童の扱い、議論まとまらず―臓器移植作業班(医療介護CBニュース)
チッソも受け入れの可能性=水俣病和解案で−小沢環境相(時事通信)
<吉野川堰>国交相が「可動堰化」中止明言(毎日新聞)
「娘の首絞め火つけた」 寝屋川 放火未遂容疑で女逮捕(産経新聞)

トヨタ叩き「風向き」変化? 急加速「証言矛盾」に「不適切編集」(J-CASTニュース)

 大量リコール(無償回収・修理)問題で米国世論から猛反発を受けていたトヨタ自動車だが、ここに来て、やや風向きが変わりつつあるようだ。

 トヨタ車の急加速の様子を再現する際に、大手テレビ局が不適切な編集をしていたことが明らかになったほか、急加速を訴えた男性の証言に矛盾も指摘されている。ここにきて、トヨタを擁護するような冷静な報道も散見されるようになっている。

■ABCテレビが合成映像流し、問題化

 米国で現在注目が集まっているのが、2010年3月8日に、米カリフォルニア州のサンディエゴ郊外で起こったとされる「プリウス」の急加速事故だ。プリウスを運転していた男性は、「何もしていないのに時速144キロまで加速した。ブレーキを力いっぱい踏み続けたが、止まらなかった」などと主張。男性は警察に通報し、パトカーの助けを借りて停車した。

 米公聴会の場で、専門家が電子制御装置(ETCS)の誤作動の可能性を指摘し、トヨタ側も反論のための公開実験を行っていた矢先なだけに、米国内では大きな波紋が広がった。

 ところがここに来て、男性の主張にいろいろ疑問点が出てきた。

米運輸省の道路交通安全局(NHTSA)は3月15日、急加速の原因になった可能性がある不具合を発見することはできなかったという調査結果を発表し、トヨタ自動車も同日、問題の車両に対する初期調査の結果を発表。トヨタ側の調査では「前輪ブレーキが軽く踏まれていた状態で運転されていた」と分析をしており、「力いっぱい踏み込んだ」とする男性の主張とは食い違う形だ。 また、USAトゥデー紙は、男性が最近になって自己破産していたことを暴露している。

 一方、米ABCテレビが急加速を「再現」した映像が不適切だとして問題化している。2月22日のニュース番組では、急加速するトヨタ車の映像とエンジンの回転数を示すメーターの映像を合成して流したが、メーターは停止した車のものだったことが明らかになっている。ABCは米メディアに対して、「走行中にうまく撮影できなかった」などと釈明しているという。

■WSJ「復活への道は、思ったよりも険しくなさそうだ」

 このような状況に対して、トヨタを援護射撃するかのような記事も出始めている。

 例えば3月15日には、ウォール・ストリート・ジャーナルが「トヨタ復活への道は、思ったよりも険しくなさそうだ」と題した記事を掲載。

記事では「自動車リースガイド」による消費者調査で、67%が「リコールの影響は受けなかったし、トヨタ側の対応を前向きに受け止めている」と回答したことを紹介。この背景には、トヨタが数十年にわたってつくりあげてきた信頼関係があるとみている。 だが、記事では、「まだ問題は終わっていない」「数ヶ月前の位置に戻るまでには、長い道のりだ」と釘を刺しており、米国市場での信頼回復には、まだ時間がかかるというのが実情のようだ。


■関連記事
問われる豊田章男社長の「資質」 公聴会の厳しい質問どう受け答え : 2010/02/23
若者のクルマ離れは本当か?/「若」対「壮」激論!クルマ談義(1) : 2008/03/10
「日本ではもう働けない」 海外移住を決意した人たち : 2010/03/15
鳥居みゆきがイメチェン ゆってぃは見た! : 2010/03/15

首相動静(3月16日)(時事通信)
生方氏解任は強権的=自民総裁(時事通信)
<岡田外相>資産を訂正(毎日新聞)
与党慣れせず、ヤジに過敏…閣僚に簗瀬氏苦言(読売新聞)
女子高生、自宅の敷地内で巡査部長に襲われる(読売新聞)

都内で「初日の出暴走」少年ら7人逮捕(読売新聞)

 今年の元日に東京都大田区内の公道で集団暴走をしたなどとして、警視庁は18日、大田、品川区在住の無職少年ら7人(いずれも16歳)を道交法違反(共同危険行為など)の疑いで逮捕したと発表した。

 同庁幹部によると、少年らは今年1月1日未明、「初日の出暴走」と称し、バイク計7台に分乗し、大田区内の路上で信号無視や蛇行運転を繰り返し、追跡する警察車両に道路工事用のコーンを投げつけるなどした疑い。逮捕者はいずれも、大田、品川の両区を拠点とする暴走族メンバー。

<普天間移設>「日米交渉は岡田氏が主役」防衛相(毎日新聞)
大学のグラウンドにウサギの死体(産経新聞)
【from Editor】世紀を超えるエネルギー(産経新聞)
遺体は30代女性=死後切断、7〜10日経過−福岡県警(時事通信)
キャバクラ労組が歌舞伎町デモを予定(スポーツ報知)

最愛の妻を手をかけた夫の苦悩 「老老介護」の悲劇(産経新聞)

 「50年以上のつれあいですから、好きでした」−。長年介護をしてきた妻を絞殺したとして、殺人の罪に問われたさいたま市浦和区領家、無職、出川隆一被告(78)。さいたま地裁で開かれている裁判員裁判の法廷で、長年連れ添った妻への思いを語った。それならなぜ、被告は最愛の妻を手にかけてしまったのか。被告の法廷供述からは、高齢者夫婦が「老老介護」を続けることの苦悩がうかがえる。

 起訴状によると、出川被告は昨年6月30日昼、自宅で妻の節子さん=当時(73)=の首にネックウォーマーを巻き、ロープで首を絞めて殺したとされる。

 検察側の冒頭陳述などによると、出川被告は23歳で節子さんと結婚。しかし、長女の死去をきっかけに十数年前から節子さんが鬱(うつ)病(びよう)や認知症になり、出川被告が節子さんの介護を続けてきた。週に3回は施設に通わせ、それ以外は自宅で介護していた。

 弁護人「(以前住んでいた東京から)浦和に来たころは気持ちが楽になりましたか」

 被告「はい。ご飯を作るのも結構楽しかった」

 弁護人「節子さんの好きなものを用意しましたか」

 被告「はい。医者からたくさん食べさせるように言われていたので」

 弁護人「節子さんは1人でトイレに行けましたか」

 被告「私の背中に捕まらせて連れて行きました」

 献身的な介護にもかかわらず、進行する節子さんの病状。出川被告は「気の強い家内だったので、かわいそうというのを通り越して何と惨めなんだろうと思った」(被告人質問での供述)と思い詰め、次第に心中を考えるようになった。

 弁護人「自分だけ死のうと考えたことは」

 被告「最初はそうでしたが、よく考えると家内をおいていけませんでした」

 弁護人「なぜ」

 被告「娘が夫と母親の2人の面倒をみるなんて、かわいそうだったから」

 出川被告は、ついに犯行に及んだときの状況についても語っている。

 弁護人「捜査段階の調書には、首を絞める前に『お母さん、ごめんね。すぐ行くからね』と言ったとありますが、実際に言葉で言ったのですか」

 被告「言葉にならないような声で、言ったと思います…」

 自分も死のうと思って県内をさまよったが、死にきれなかったという出川被告。最終意見陳述で「多くの人に迷惑をかけた」と涙ぐんだ。検察側は懲役5年を求刑。判決は12日に言い渡される。(西尾美穂子)

【関連記事】
「老老介護」殺人初公判 弁護側、同意殺人罪を主張
老老介護疲れ…83歳夫が妻の首絞め殺人未遂容疑
老老介護、誰もが苦しいけれど「前向きに」
介護疲れの果て、親族殺人の半数は「被害者が配偶者」
老老介護 みな同じ悩み…妻を看る夫は死亡リスク倍
20年後、日本はありますか?

関空出国エリア 改修セレモニー(産経新聞)
皇太子さま、ガーナの露天市場に(時事通信)
シャボン玉アート 入院患者楽しませる 大阪市立大病院で(毎日新聞)
不法な妨害、毅然と対処=赤松農水相(時事通信)
<雑記帳>長谷川等伯展で「オマージュ」ラスク(毎日新聞)

<蓮池薫さん>新潟大大学院博士課程に合格 4月から通学(毎日新聞)

 北朝鮮による拉致被害者の蓮池薫さん(52)が、新潟大大学院現代社会文化研究科の博士前期課程に合格し、4月から通学することになった。社会文化論を専攻し、韓国・朝鮮史を研究する。週2回程度、新潟県柏崎市の自宅から通うという。

 蓮池さんは02年に北朝鮮から帰国後、78年の拉致当時に在学していた中央大法学部に復学し、08年3月に卒業。09年6月には北朝鮮での生活をつづった手記「半島へ、ふたたび」を出版した。翻訳家として仕事をしながら、新潟産業大経済学部の特任講師を務め、韓国語や異文化コミュニケーションの講義を担当している。

【関連ニュース】
朝まで生テレビ:田原氏発言「問題あり」BPO
金元死刑囚:めぐみさんに「会った」と証言…中井担当相
北朝鮮・拉致問題:田原総一朗さんの発言、BPO「倫理上問題あり」
北朝鮮・拉致問題:拉致担当相「金元死刑囚招きたい」 法務省に特例入国要請
北朝鮮・拉致問題:蓮池透さんらが討論−−20日に横浜 /神奈川

国立劇場のスルガザクラ 2代目のツボミふくらむ春(産経新聞)
来月の新党結成に意欲=鳩山邦氏「覚悟できている」(時事通信)
大阪万博 開催40年 改修パビリオン公開へ(毎日新聞)
「プライド守るため私たちの命を利用」被害女性が加藤被告を非難(産経新聞)
供述調書漏洩事件 ジャーナリストがNHKと和解(産経新聞)

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
リンク
審査 甘い キャッシング
ライブチャット
携帯ホームページ
ショッピング枠現金化
探偵社
selected entries
archives
recent comment
  • 口蹄疫「あまり気味でもいいから」首相 自衛隊増派を表明(産経新聞)
    みっくみく (08/28)
  • 口蹄疫「あまり気味でもいいから」首相 自衛隊増派を表明(産経新聞)
    とろろいも (01/16)
  • 口蹄疫「あまり気味でもいいから」首相 自衛隊増派を表明(産経新聞)
    ソルバルウ (01/02)
  • 口蹄疫「あまり気味でもいいから」首相 自衛隊増派を表明(産経新聞)
    玉木よしひさ (12/28)
  • 口蹄疫「あまり気味でもいいから」首相 自衛隊増派を表明(産経新聞)
    こういち (12/23)
  • 口蹄疫「あまり気味でもいいから」首相 自衛隊増派を表明(産経新聞)
    晶太郎 (12/19)
  • 口蹄疫「あまり気味でもいいから」首相 自衛隊増派を表明(産経新聞)
    きんちゃん (12/17)
  • 口蹄疫「あまり気味でもいいから」首相 自衛隊増派を表明(産経新聞)
    ばきゅら (12/08)
  • 口蹄疫「あまり気味でもいいから」首相 自衛隊増派を表明(産経新聞)
    ポロネーゼ (12/04)
  • 口蹄疫「あまり気味でもいいから」首相 自衛隊増派を表明(産経新聞)
    機関棒 (11/25)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM